フローリングの表面が剥がれてしまった時のリペアです。

フローリングの表面が目地の部分から剥がれています。フローリング表面の剥がれ傷の場合、目地の部分から剥がれている事が多いです。最初は、小さな剥がれ傷なのですが、時間の経過と伴に剥がれている部分が広がる事が多いです。(1週間や2週間で大きく広がるのは珍しいですが、長いスパンでは大きく広がる事が多いです。今回は、普通に生活していて引っ掛かりが感じる事がある、という事と、これ以上剥がれている部分が広がるのを防止する事が目的のリペアです。今回は、剥がれている周囲は、それ程劣化していなかったので、周囲の部分を削り取ってしまってのリペアは行わなくても良いと判断して、剥がれている部分だけのリペアを行う事に。(基本的に傷は大きければ大きい程、リペアに時間が掛かります=料金が掛かる という事になるので、状況にもよりますが、なるべく小さなうちに直した方が良いと思います。もちろん、何でもかんでも直した方が良いという事ではありません。)

ビフォー アフター

コメント

タイトルとURLをコピーしました